キャリア

ここでは、キャリア に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の所属する業界で年収は変わります。


属性ごとに集計したデータです。


ご自身の給与額と照らし合わせてみてはいかがでしょうか。


●業界別・転職時年収(単位:万円)

IT ・・・・・・・・・・・505.7
通信・・・・・・・・・ ・523.9
電気・電子 ・・・・・・・522.4
化学・素材 ・・・・・・・518.0
食品・アパレル・日用品 ・513.4
機械・輸送機器 ・・・・・502.3
建設・不動産 ・・・・・・488.1
半導体 ・・・・・・・・・536.3
マスコミ ・・・・・・・・536.0
商社 ・・・・・・・・・・513.6
医薬 ・・・・・・・・・・549.7
流通・物流・接客 ・・・・485.1
金融 ・・・・・・・・・・566.3
(引用:「ALLABOUT」)


業界によって平均年収に差がでます。また、同じ業界でも職種によっても年収に大きな開きができます。


多角的にみて自分適正年収を割り出しましょう。


この記事が参考になりましたら応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
年収アップの方法のひとつが資格取得や留学。


実は有効なんです。まずは「英語」ができれば外資系企業
転職できます。


国内企業で年収450万円だった妻1人子供2人の男性が留学先で英語
をマスター、帰国して外資系企業に年収600万円で転職した例など
多数あります。


MBAも取得時に35歳未満であれば、年収はアップします。MBA
取得者が投資銀行やコンサルティングファームへ転職して、
国内メーカーで600万の年収が1,200万円にアップした例もある。


他に年収アップにつながる資格は、経理財務の実務がある人には
USCPA(米国公認会計士)はお薦め。最近ニーズが高い資格
の一つ。


ただ、弁護士や公認会計士など難易度の高い資格を持つ人のニーズ
もまれにあるが、資格試験の難易度と市場価値の高さは関係ない。


資格を取る時は、それなりに時間とお金を投資しますから、慎重に
判断することが必要。
違う職種に転職して年収アップはムリという思い込みがあります。


実際は今と違う職種に転職しても年収アップは可能です。


ただし狙う業種があります。それは、経験豊富な即戦力が少ない業界・職種です。


近年、新しいビジネスが生まれてきて、これまでにない職種ができています。それらに関しては「経験者」「即戦力」がほとんどいない状況。


そういった場合、近い知識・経験をもつ人が有利になります。
一例です。

 □マーケティング・営業企画→モバイルコンテンツのプランナー

 □人事職→キャリアコンサルタント、キャリアコーディネーター
  
 □流通業界のマーケティング→ネットショップ・ECコンサルタント


新しいビジネスで人材を必要としている企業は急成長中であったり、業界自体が今後のマーケット拡大が確実なケースが多い。年収アップが期待できます。


また、大手企業より比較的早くリーダーやマネジャークラスへ昇進できる可能性もあり、キャリアアップに役立ちます。


色々な角度から転職市場へのアプローチをすれば、年収アップは今の景気でも十分狙えます。


この記事が参考になりましたら応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。