TOEICと年収Ⅱ

ここでは、TOEICと年収Ⅱ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOEICのスコアがどのレベルに相当するのか、
そして企業がどの位のスコアを求めているのかをご紹介しましょう。


レベルA : 860点以上
 Non-Nativeとして十分なコミュニケーション能力を持っている。

レベルB : 860~730点
 どんな状況でも適切なコミュニケーションが出来る素地を備えて
 いる。

レベルC : 730~470点
 日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上の
 コミュニケーションが出来る。

レベルD : 470~220点
 通常会話で最低限のコミュニケーションが出来る。


昇進・昇格にこのTOEICスコアを必須とする制度が日本企業
の間に広まり初めています。日本企業のグローバル化とともに、
英語によるコミュニケーション能力が、業務を遂行する上で必須
となりつつある現実があります。


例えば、I社の場合;

 次長以上 TOEIC 730点以上
 課長以上 TOEIC 600点以上

 が昇進の条件。

 
以下にご紹介するのは全て日本の企業です。


T自動車 :
 係長以上 : TOEIC 600点以上  
M産業 :
 主任   : TOEIC 450点以上  
Aガラス :
 課長補佐 : TOEIC 470点以上  
T社   :
 課長級以上  TOEIC 500点以上  
N社 :
 係長、課長  TOEIC 500点以上  


TOEICで高いスコアを取らないと昇進・出世・給与アップの土俵
にすら上がれないという企業が増えていますね。


この記事が参考になりましたら応援クリックお願いします。
人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://11shikaku.blog53.fc2.com/tb.php/28-77e4ff7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。